アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
オススメリンク

コーチの歴史と今後

ゴールドの時計

1941年にアメリカのマンハッタンで誕生しました。当時は皮革製品会社であって、職人は6人だけの小さな会社でしたが、1960年にコーチというブランド名をつけてバッグを発売し、徐々に評価されていきます。しかし本当の転機となったのは一人の優秀なデザイナーの入社で、彼女が作るバッグはどれも爆発的に人気になりコーチの礎を築きます。

その流れは現在にまで引き継がれていて、このブランドのバッグはどれも独特で味のあるデザインになっています。今後も引き続きブランドイメージを守り、商品ラインナップを充実させていくことで堅調な経営が続けられると予測されています。

コーチの買取事情やカルティエとの比較について
革財布の海外ブランドで有名どころの1つと言えるのがコーチです。

同じように有名なところではカルティエもありますが、こちらは時計のイメージが根強いせいか女性向けブランドと認識される傾向が強いようです。その為、男性向けのラインナップを持つと手放す際の売却額が思わしくないケースも多いようです。

対してコーチは、男女向けの製品がきっちり別れているという特徴があります。男性向け製品を手放す際の買取額も比較的高いので、先々を見据えて扱いやすいブランドと言えます。

コーチ、カルティエの買取方法
買取とは、時計、バック等、各種有名ブランド品を買取ってくれる業者です。

コーチ、カルティエなどのブランド品が不要になった際は、これらを取り扱っている業者に、一度査定をしてもらいます。

バックや財布等は、購入時期、傷や汚れ、匂いがしないか?などの項目を、経験豊富な鑑定師が重点的にチェックします。質が良ければ高い査定額がつきます。

専門店によっては、10年以上使い古された物であっても査定額がつく事があります。

コーチの買取価格
近年急激な販売店での伸びを見せているコーチは、非常に人気のあるブランドです。20代~30代の女性を中心に高級なブランドとしての地位を近年確立させたと思われます。

同時に中古品のニーズも非常に増えています。新品中古品にかかわらずのニーズが増えているということもあり、質屋やリサイクルショップでは、高価な買取価格が設定されておりそういったショップでは以前と違って多くの商品が店頭に並べられるようになりました。

“カルティエとは

女性用

カルティエとは、フランスが本拠地のジュエリー・高級腕時計ブランドです。フランスのリシュモングループの傘下にあり、他には、革製品やライター、文房具などもある買っています。

日本ではとくに、結婚指輪のトリニティリング(三連リング)やサントスウォッチ(時計)などが、レディースおよびメンズともに人気があります。流行に左右されずに、長く使える商品として、例えばコーチの革のバックのように、中古市場でも高い買取の値付がされています。

カルティエの歴史
カルティエは、フランスの高級ジュエリー、高級腕時計などハイファッション・ブランドであり、その歴史は、ルイーフランソワ・カルチェが1847年に創業したことにはじまります。同社は、高品質を求めるヨーロッパ各国の王侯貴族の支持を得て発展しました。

現在では、日本を含む世界中で、ファッションに関与の高い女性に幅広く愛されており、ジュエリーだけでなく、香水や革製品などの日常ユースのカテゴリーでも高い市場性が期待されています。中古の買取市場においても、コーチなどとともに、クラシカルなデザインから、高い人気があるブランドです。

カルティエやコーチの買取について
カルティエは高級時計ブランドの一つで、代表的な腕時計以外にも、ライター、筆記用具、革製品などを扱っています。
コーチはアメリカ合衆国で創業された、高級皮革製品のメーカーです。レディース商品、メンズ商品共に豊富な商品展開をしています。近年は、アウトレット店を経営することによって、中小所得層でも商品を購入しやすくなっている点が特に評価されています。

どちらのブランドも人気ブランドであり、幅広い年齢層の人に愛されていることから、買取を強化しているリサイクルショップが多いです。

買取のお役立ち情報
幅広い物品を金銭に変えることのできる買取は、リサイクルの概念の普及もともなって広く社会に浸透しています。対象となる物品は車や本、DVDなどありとあらゆるものですが、なかでもブランド品は市場での需要も高いことから、頻繁に持ち込まれるものの一つです。特にコーチやカルティエの品物は、新品価格が高い一方、市場では引き合いが強いため、高値での買取が行われています。

なお、こうしたブランド品をより高売るためには、日頃から汚損しないように大切に扱い、使用感を出さないことが重要です。